相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問相続時精算課税の仕組みを教えて下さい

相続税よくある質問

相続税の生前対策について > ■ 贈与相続時精算課税の仕組みを教えて下さい登録日 2014.05.20

相続時精算課税とは、2500万円までの贈与についてはとりあえず贈与税を課税しないで、その後相続が発生した際に、相続財産とその生前贈与分を合算して相続税を計算するという制度です。
この制度を利用するためには贈与する親が65歳以上、受贈(受け取る)する子供が20歳以上という制限がありますが、住宅取得資金のためならば親の年齢制限はなくなります。
ですから子供が住宅を購入する際の頭金を親に工面してもらう場合などによく使われます。
但し注意しなければならないのは、いったんこの制度を利用すると、その後通常の贈与制度を適用することが出来なくなるというデメリットがあります。
しかしながら生前に権利を移転できるために「争続」が想定される場合、それを回避するためには有効な手続のひとつであるといえるでしょう。
相続時精算課税の仕組みを教えて下さい
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ