相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問広大地の評価はどのように行うのでしょうか?

相続税よくある質問

不動産と相続について > ■ 相続税対策のポイント広大地の評価はどのように行うのでしょうか?登録日 2014.08.29

広大地とは、国税庁において「その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な土地で、(中略)開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地の負担が必要と認められるものをいいます」と規定しています。
すなわち100㎡ぐらいの土地ならば一戸建て一棟建てておしまい、というようにわかりやすいのですが、広大な土地ならば開発の際、道路や公園などの公共公益的施設の用に供される土地の提供を求められることがあります。
このような土地については通常の路線価評価に広大地補正率を乗じ評価額を求めます。
ちなみに広大地に該当する面積は市街化区域の場合、三大都市圏で500㎡、それ以外の地域で1,000㎡となっています。
広大地の評価はどのように行うのでしょうか?
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ