相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問平成27年1月1日 相続税改正がスタートして変わったことは?

相続税よくある質問

相続税申告について > ■ 相続税の申告について平成27年1月1日 相続税改正がスタートして変わったことは?登録日 2015.01.20

平成27年1月1日以降相続開始分から相続税の取り扱いが変わりました。
具体的には「基礎控除」の引き下げと税率の改定です。

「基礎控除」とは、「相続財産がこの金額以下だったら申告も納税も必要ないですよ」、というボーダーラインです。

【基礎控除の改正について】
 ☆平成26年12月31日まで・・・「5,000万円+法定相続人の数×1000万」
 ☆平成27年1月1日以降・・・「3,000万円+法定相続人の数×600万円」となりました。
  ※「従前の60%に引き下げ」と覚えておくと良いかと思います。

基礎控除の引き下げにより今まで相続税の申告や納税が必要なかった人たちにも申告納税義務が生じるケースが増えてくるでしょう。

また税率につきましては多額の相続財産がある場合に税負担が増えています。
今まで最高税率が50%だったものが55%となりました。

改めて申し上げるまでもなく、これまで以上に生前に十分な相続対策を検討する必要があります。
当社でも、贈与税や相続税についての事前対策を承っております。
相続が発生する前のお問合わせも増えておりますので、ご自身の相続対策についてお考えの方は是非一度お問い合わせください。
平成27年1月1日 相続税改正がスタートして変わったことは?
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ