相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問教育資金贈与の非課税を利用した節税はどういうものですか?

相続税よくある質問

相続税の生前対策について > ■ 贈与教育資金贈与の非課税を利用した節税はどういうものですか?登録日 2015.07.15

30歳未満の者が教育資金に充てるため直系尊属(父母や祖父母など)から、教育資金口座の開設を行った場合には一人当たり1500万円までの金額については非課税となります。

対象となる教育資金とは、「学校の入学金」「授業料」「保育料」「受験料」などのほか「修学旅行費」なども含まれます。
また学校以外では学習塾やスポーツ、ピアノなどのお稽古事、留学渡航費、通学定期代も含まれます。

この制度は平成31年3月31日までが適用期限となっていましたが、対象を限定し2年延長となりました。延長後の制度内容については延長後の制度について書かれている以下URLをご参照下さい。

◆祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku-zoyo/201304/pdf/01.pdf
(出:国税庁ホームページ)


またこの制度を受けるためには所定の申告書を金融機関を経由して税務署に提出しなければなりませんので注意が必要です。


#浦安 #新浦安駅近く #相続に強い税理士法人 #新日本税理士法人 #教育資金の一括贈与
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ