相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問相続税の申告について、税務調査はどのようなことを調べるのでしょうか?

相続税よくある質問

相続税申告について > ■ 相続税を申告した後について相続税の申告について、税務調査はどのようなことを調べるのでしょうか?登録日 2015.12.02

納税者や税理士にとって相続税の調査は、法人税や所得税の調査に比べ苦労することが多いようです。
なぜなら、内容を確認したい本人がこの世にいないからです。

当然ながら相続税の調査は、申告漏れの財産がないかどうかを調べることですが、確認したい当の本人がこの世にいませんから、納税者である遺族から話を聞くことになります。

聞かれる内容は、故人の職業や趣味、交友関係、収入状況、亡くなった時の状況などです。
例えば、ゴルフが大好きだったとすれば、ゴルフ会員権の有無を推察し、亡くなる直前まで元気だったのか、あるいは数年間入院していたとすれば、その期間に故人本人が預金の出し入れをしていたかを判断していきます。特に預金に関しては本人のみならず親族分の口座まで過去にさかのぼり調べることになります。

2007年度の国税庁資料によれば、相続税の発生した人のうち約30%に調査が入り、そのうち約86%に申告漏れが見つかっているようです。
相続税の申告について、税務調査はどのようなことを調べるのでしょうか?
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ