相続でお困りではありませんか?
相続税申告・相談申込受付
0120-979-234お問い合わせ
home HOME相続税よくある質問居住用土地を取得した節税方法はありますか?

相続税よくある質問

不動産と相続について > ■ 相続税対策のポイント居住用土地を取得した節税方法はありますか?登録日 2016.06.01

皆さんが不動産を譲渡したりしたことで手元に現金があるとします。それをそのまま銀行預金して、金融資産としておけば、相続税算定の評価額はどうなると思いますか?
そう、そのままの現金の額で評価されるのです!これはきついです。

だから逆に、金融資産を不動産に替えれば、大幅な相続税の節税が可能となります。
例えば、2億円を金融機関に預け入れているとします。
時価2億円で土地を購入すれば相続税評価額は少なくとも1億6千万円で評価されることとなります。4千万円の評価減です。
さらに居住用不動産とすれば、小規模宅地等の軽減を受けることができ、1億6千万円に20%を乗じた3,200万円と評価されることになります。つまり、1億6,800万円の評価減です。実効税率50%とすると、相続税額1億円が1,600万円まで下がることとなります。課税財産の評価額が下がれば税率も下がりますので、実際はもっと節税効果が高くなる可能性があります。
居住用土地を取得した節税方法はありますか?
相続に関する相談のご予約、相談申込についてのお問い合せ

0120979234

受付時間:平日9:00-17:30

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ